うたいぬ の毎日が疑問形?

日々の出来事や行事について考えたことを記事にしてみる

*

夏場のお弁当作りの注意点?ご飯は入れ方も、おかずにも注意点は?

   

毎日お子さんや旦那さん、自分に対してもお弁当作りをしている方、お疲れさまです。
これからの季節、暑くなってくるとお弁当で心配になってくるのが食中毒。
そこで今回はお弁当作りで注意したい点。
ご飯の保温について、そして長持ちするおかずの紹介です。
明日からの、お弁当作りに活かしてもらえたら嬉しいです。

夏場のお弁当作りの注意点?ご飯は入れ方も、おかずにも注意点は?

スポンサードリンク

夏場のお弁当作りの注意点は?

夏場のお弁当作りで気を使うのが、お弁当が痛むことによる食中毒です。
食中毒にならないまでも、痛んだり腐っていたりしてはとても残念。
そうならないように、お弁当作りの注意点を挙げていきます。

お弁当つくりの前には手を洗いましょう

お弁当に限った事ではありません。
家での食事を作るときでも、食べるときでも同じ事です。
特にお弁当は、作ったその場で食べません。
どうしても食品の劣化は起こります。
そこで少しでも劣化を防ぐためには、お弁当を作り前から気を使いましょう。

調理するときに手で食材を触らない

上記で挙げたとおり手を洗ったとしても、確実な除菌はできません。
少しでも食材の劣化を遅くするため、なるべく菌はつけないようにしましょう。
他にも手で触ることにより、身体の熱が伝わってしまいます。
菌は暖かいところが大好き。
不必要な熱は加えないようにしましょう。
もちろんお弁当箱に食材を詰めるときも、手で触るのはご法度です。

水気をよく切る

雑菌の繁殖に必要なものが、栄養と温度と水分です。
雑菌は食品の水分を利用して繁殖します。
不必要な水気はよくきりましょう。

おはしにも気を使う

お弁当を食べる時に使うお箸。
お弁当箱を買うときにセットで付いていると思います。
しかし、衛生面を考えると使い捨ての割り箸をオススメします。

お弁当を食べた直後に、お箸を必ずしも洗うとは限りません。
そして使い続ける内に小さな細かい傷なども付いています。
そんな隙間に雑菌が・・・

リサイクルや資源を大切に、というこのご時世なのが難しいところです。

スポンサードリンク

お弁当のご飯は入れ方にも注意?

上記で、お弁当作りの注意点を挙げました。
ここからは具体的に、ご飯をお弁当に入れるときの注意点を説明します。

ご飯は冷ましてからお弁当箱に詰める

お弁当は、時間がたってから食べます。
少しでも出来たての温かい状態で食べられるようにと、温かいままお弁当箱に詰めてはいけません。
雑菌は栄養と温度と水気が大好き。
お弁当箱を空けたら、フタに水滴が付いているなんて事は避けたいものです。
ご飯は冷ましてから、お弁当箱に詰めましょう。

ご飯を炊くときに梅干やお酢を入れて炊く

梅干やお酢は、雑菌の繁殖を抑える効果があります。
ご飯を炊くときに、お酢をスプーン一杯。
梅干ならば、1個いれて炊いてみましょう。
もちろん、お弁当箱に詰めるときに梅干を乗せた日の丸弁当は効果あり。

炊き込みご飯やチャーハンは使わない

他の具材が混ざっていれば混ざっているだけ、雑菌は繁殖しやすくなります。
ただの白いご飯じゃ、味気ないと思う方もいらっしゃるかと思います。
しかし、お弁当のご飯は白米!でお願いします。

お弁当のおかずでの注意点は?

お弁当のおかずにも注意が必要です。
よく火を通し、水気や汁気の無い少し濃い味のおかずが適しています。
お弁当のおかずで、よく食べられる食品の注意点を挙げてみました。

卵料理
ダメとは言いませんが、半熟は止めておきましょう。
しっかり火を通した玉子焼きの状態でお弁当箱に入れましょう。

ハンバーグやから揚げ
冷凍食品ものはきちんと食品の中まで火を通しましょう。

生もの全般
肉も野菜も、生のものは使わないようにしましょう。
ハムなどもしっかり火を通しておきましょう。
レタスを入れるときも、しっかり茹でておきましょう。
かまぼこ等の練り物も、しっかり加熱。
まさかありえないとは思いますが、生魚・・・ようは刺身なんてものは絶対ダメ。

おひたし等
水分は雑菌の繁殖を手助けします。
入れたい場合はしっかり水気を切ってからにしましょう。
ゴマを入れて水分を吸収させる、というテクニックがあります。

まとめ

夏場はお弁当に限らず、食べ物が傷みやすい時期になります。
もちろん冬だからといって、気をつけなくていいワケではありません。
春夏秋冬と、一年通してお弁当作りには気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

 - 食べ物 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

おにぎり
夏のお弁当のおにぎりの作り方?具材で痛まないものは?腐るものは?

お子さんの学校や、旦那さんのお昼のお弁当。 遠足や運動会以外でも、毎日作る機会が …

ばい菌001
夏のお弁当は危険!?クーラーボックスと、保冷材の併用の効果は?

夏は旅行やイベントに、お弁当を作ることも多くなります。 普段の生活で、お昼にお弁 …

お弁当を前日に作り置きするおにぎりに注意?具材は?保存方法は?
お弁当を前日に作り置きするおにぎりに注意?具材は?保存方法は?

毎日のお弁当作りって、本当に大変ですよね。 イベント行事の時だけならばともかく、 …

お弁当に前日に作り置きしたおかずは?おすすめは?保存方法は?
お弁当に前日に作り置きしたおかずは?おすすめは?保存方法は?

朝早くから起きて作らなければならないお弁当。 少しでも時簡に余裕をもって、簡単に …

夏のお弁当が腐る方法は?
夏のお弁当が腐る方法は?ご飯が糸引く方法?おかずの不注意点は?

夏や梅雨時期のお弁当作りは大変ですね。 夏のお弁当を腐らせない方法は?痛まない為 …

正月のおせちの内容や構成は?定番のメニューは?具材の意味や由来は?
正月のおせちの内容や構成は?定番のメニューは?具材の意味や由来は?

お正月の食べ物の1つのおせち料理。 いろいろなおかずが入っているおせち料理は、見 …

ピクニック001
夏のお弁当の注意点は?入れてはいけないものって?!

お弁当作りって気をつかいますね。 通常の食事と比べて、レパートリーの幅が狭まりま …

おせち料理の意味や由来って?いつから作る?食べるのは?
おせち料理の意味や由来って?いつから作る?食べるのは?

お正月の食べ物と言ったら、おせち、お雑煮、おもち、みかん・・・etc いろいろな …

お弁当001
夏のお弁当は気をつける、梅干って効果あり?おかずの冷凍ものは?

いつもお弁当を作るお母さんや奥さん、お疲れさまです。 夏になり暖かくなると、手作 …

かき氷001
かき氷は砂糖でさらさらに?作り方は?1杯の量は?

夏の暑い時期の食べ物といったら、かき氷。 お祭りの屋台や、ファミレスだけの食べ物 …

外国為替証拠金取引