うたいぬ の毎日が疑問形?

日々の出来事や行事について考えたことを記事にしてみる

*

お歳暮を渡す相手は?意味や由来は?時期はいつからいつまで?

   

年の終わりの12月も迎えると話題になってくるお歳暮の話。
クリスマスやイルミネーションなどの賑やかなイベントではないけれど、大人になるにつれ無視できなくなるのがお歳暮です。
ここでは、お歳暮は一体誰に贈ったらいいのか?
そもそも、お歳暮の意味や由来は?
そして、肝心なお暮の時期はいつからいつまでなのか?を解説します。

お歳暮を渡す相手は?意味や由来は?時期はいつからいつまで?

スポンサードリンク

お歳暮を渡す相手はだぁれ?

年末になるとご両親宛に品物が贈られてた経験がある方もいらっしゃるかと思います。
その品物こそがお歳暮なのです。
色々な方からもらったり、反対に贈ったりもする事でしょう。
でも、お歳暮はむやみやたらに贈っているのではないのです。
お歳暮とはお世話になった方への感謝の気持ちを表すための贈り物なのです。
具体的にどのような人に贈るかというと以下の通りです。

親戚関係、両親、兄弟、友人知人、会社の上司、会社の取引先、子供のお稽古の先生、結婚式に仲人を引き受けてくれた方などなど・・・お世話になった方に送ります。

お歳暮はこのように、お世話になった方達に贈る品物になります。
子供の頃にお歳暮が贈られたという事は、お父さんやお母さんが誰かに感謝されていたんですね。

ただし、一つ注意点があります。
お歳暮を贈ってはいけない相手もいるんです。
贈ってはいけない相手とは?
それは別の記事で紹介します。

お歳暮の意味や由来は?

お歳暮を贈る理由は、お世話になった方への感謝の印。
と、上記でお話しました。
現在ではその意味で良いと思いますが、お歳暮の本来の意味や由来は違うのです。

お歳暮の本来の由来や意味はというと、
お正月に神様を迎え福を呼ぶために御供えする為のもの。
だったのです。

今のお歳暮は、お世話に”なった”人へ贈っていますが。
本来は、神様を”お迎えして福をよぶ”ためのもの。
違いが分かりますか?
人と神様の違いだけではありません。
言い方が少し悪いかもしれませんが、今のお歳暮は以前お世話になった人のため。
本来は、これからお世話になりたい神様や幸福のため。
と相手だけではなく、過去と未来の違いもあります。

そもそもお歳暮とは、年(歳)の暮れ、年末を意味する言葉なのです。
そう考えると年明けの神様を迎える=年末(歳暮)に準備をして御供えする。
というのもうなずけます。

その中で、実家に帰省できない方や遠方の親類が、本家に神様へのお供え物として品物を送る。
という事が、現代のお世話になった方へ品物を贈る、という形に変化していったのです。

スポンサードリンク

お歳暮の時期っていつからいつまで?

と、本来のお歳暮の意味や由来は分かりました。
では、お歳暮を贈るのに適した時期はいつなのでしょうか?

ずばり、正式には12月13日頃~12月20日頃です。
これは上記で紹介した理由が絡んできます。
神様へのお供え物をする場所として、仏壇や家自体を大掃除でキレイになった頃に贈ります。
その時期が、すす払いといって12月13日であるためです。

ただ、最近では贈る時期が早まっています。
12月になって早々にお歳暮を贈る、ということも珍しくはありません。
お歳暮の内容がお正月に必要なものであるのならば、もっと遅くに贈っても問題ありません。
但し、うっかり年を越えてしまわないようにしてください。

まとめると、12月になったらお歳暮を贈ってもよいのです。

まとめ

お歳暮を贈る相手と意味や由来、そして贈る時期がいつからいつまでかを紹介しました。
今年のお歳暮は、お世話になった方へはもちろん、本来の意味である神様へのお供えするのもいいカモ。
福を呼び込めるかもしれません。
来年は福を呼び込んで良い一年になると良いですね。

スポンサードリンク

 - 12月の疑問形? ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

お歳暮のマナーは相手の事を考えて。贈らない理由って誰にある?
お歳暮のマナーは相手の事を考えて。贈らない理由って誰にある?

11月も後半になってくると、お歳暮を考える時期になります。 感謝の気持ちを込めて …

外国為替証拠金取引